研究会等での招待講演

  1. 手塚真樹, 「電子格子系及び調和型トラップ中の粒子数不均衡フェルミオン系のDMRG」, 密度行列繰り込み群法を用いた物性研究の新展開(2008年12月16-17日), 京都, 2008年12月16日.
  2. Masaki Tezuka, "Population-imbalanced Fermi Condensates: Effect of Trap Geometry", Ultracold Fermi Gas: Superfluidity and Storng-Correlation (USS-2010), Ueno, Tokyo, 2010年5月13日(A3 14:10-14:40).
  3. Masaki Tezuka, "One-dimensional Fermi gases: Density-matrix renormalization group study of ground state properties and dynamics", Renormalization Group Approach from Ultra Cold Atoms to the Hot QGP, 京都, 2011年8月30日 (17:00-18:00).
  4. Masaki Tezuka, "Dynamics of an interacting one-dimensional Fermi system in a quasiperiodic potential", New Electronic Properties through Structure and Correlation (Japan Swiss Workshop 2011), Zurich, Switzerland, 2011年9月16日 (14:30 - 15:00).
  5. 手塚真樹, "Dynamics of two-component Fermi gas close to insulating transition in a quasiperiodic potential", Ultracold Gases: Superfluidity and Strong Correlations (USS-2012)(2012年1月11-13日), 東京, 2012年1月12日 17:40-18:10.
  6. Masaki Tezuka, "Dynamics of interacting fermions on a bichromatic optical lattice", Correlations and coherence in quantum systems(8-12 October 2012), Evora, Portugal, 16:00 - 16:30, 8 October 2012.

所属外での公開セミナー

  1. 東京理科大学 大学院理学研究科, 2005年11月25日.
  2. 東京理科大学 大学院理工学研究科, 2005年12月20日.
  3. 東京工業大学 大学院理工学研究科, 2006年10月10日.
  4. 早稲田大学 大学院先進理工学研究科, 2008年6月10日.
  5. 東京大学 大学院総合文化研究科, 2008年6月20日.
  6. Universidad Tecnica de Lisboa, Lisbon (Portugal), 9 December 2009.
  7. Technische Universität Wien, Vienna (Austria), 15 December 2009.
  8. 近畿大学 量子コンピュータ研究センター, 2010年3月29日.
  9. 東京大学 物性研究所, 2010年12月9日.
  10. Cavendish Laboratory, Cambridge University, 2011年9月9日.
  11. LENS - European Laboratory for Non-Linear Spectroscopy, University of Florence, 2011年9月14日.
  12. Ecole Normale Superieure, 2012年9月27日.
  13. Ecole Polytechnique, 2012年10月2日.
  14. Universite de Geneve, 2012年10月5日.
  15. Cavendish Laboratory, Cambridge University, 2013年5月21日.
  16. University of St Andrews, 2013年7月11日.
  17. 国立清華大学, 2014年1月7日.
下記は、特に記さない限り、登壇したもののみ掲載。

口頭発表(国際学会および国外の学会)

  1. Masaki Tezuka, A new warm-up procedure for the density-matrix renormalization group, APS March Meeting 2007 (Denver, Colorado, USA, 5-9 March 2007).
  2. Masaki Tezuka, Harmonically-Trapped Imbalanced Fermi Condensates: A Density-Matrix Renormalization Group Study, LPHYS'08 (Trondheim, Norway, 30 June - 4 July 2008).
  3. Masaki Tezuka, Youichi Yanase and Masahito Ueda, "Effect of trap shape on imbalanced Fermi superfluids", APS (American Physical Society) March Meeting 2010, Portland, Oregon (United States of America), 15-19 March 2010 (on 19 Mar).
  4. Masaki Tezuka and Norio Kawakami, "Robustness of 1D topological superconductors with Majorana edge states against lattice modulation", ICM2012, Busan (Republic of Korea), 9-13 July 2012 (on 12 July).

口頭発表(国内の学会)

  1. 手塚真樹, 有田亮太郎, 青木秀夫, 「フォノンと結合した相関電子系の密度行列繰り込み群による相図」, 日本物理学会 第59回年次大会(九州大学箱崎地区, 2004年3月27-30日).
  2. 手塚真樹, 有田亮太郎, 青木秀夫, 「密度行列繰り込み群による1次元ホルスタイン・ハバード模型の超伝導」, 日本物理学会 2004年秋季大会(青森大学, 2004年9月12-15日).
  3. 手塚真樹, 有田亮太郎, 青木秀夫, 「Holstein-Hubbard 模型におけるバンド構造と超伝導」, 日本物理学会 2005年秋季大会(19pYJ-6, 同志社大学京田辺キャンパス, 2005年9月19-22日).
  4. 手塚真樹, 「格子振動と結合した相関電子系の理論的研究」(review talk), COE 若手シンポジウム(東京大学小柴ホール, 2005年11月21日).
  5. 手塚真樹, 有田亮太郎, 青木秀夫, 「分子内フォノンと結合した相関電子系のバンド構造と超伝導」, 特定領域研究「新しい環境下における分子性導体の特異な機能の探索」理論班研究会(自然科学研究機構 岡崎コンファレンスセンター, 2005年11月22-23日).
  6. 手塚真樹、有田亮太郎、青木秀夫, 「異方的超伝導における電子格子相互作用の影響―ハバード梯子模型に対するDMRG」, 日本物理学会 第61回年次大会(27pUE-3, 愛媛大学, 2006年3月27-30日).
  7. 手塚真樹, 「密度行列繰り込み群(DMRG)の高速な初期化方法の提案」, 日本物理学会 2007年春季大会(19pWB-11, 鹿児島大学, 2007年3月18-21日).
  8. 手塚真樹, 上田正仁, 「粒子数不均衡なフェルミオン系の超流動:密度行列繰り込み群によるアプローチ」, 日本物理学会 第62回年次大会(領域1, 21aRG-5, 北海道大学, 2007年9月21-24日).
  9. 手塚真樹, 上田正仁, 「時間依存DMRGによるBEC核形成のダイナミクス」, 日本物理学会 第63回年次大会(領域1, 24aRF-5, 近畿大学, 2008年3月23-26日).
  10. 手塚真樹, 上田正仁, 「トラップされた粒子数不均衡フェルミオン気体の凝縮状態」, 日本物理学会 2008年秋季大会(領域1, 22pZD-6, 岩手大学, 2008年9月20-23日).
  11. 手塚真樹, 柳瀬陽一, 上田正仁, 「ユニタリティ極限のフェルミオン凝縮体:粒子数インバランスとトラップ形状の効果」, 日本物理学会 2009年秋季大会(領域1, 26aZE-6, 熊本大学, 2009年9月25-28日).
  12. 手塚真樹, 川上則雄, 「スピン軌道相互作用の強いモット絶縁体のDMRGによる研究」, 日本物理学会 2010年秋季大会(領域8, 25aXP-3, 大阪府立大学, 2010年9月23-26日).
  13. 花田政範, 手塚真樹, 山本直希, 「Orbifold equivalenceによる異なるユニバーサリティクラス間の対応」, 日本物理学会 2011年秋季大会(領域11, 22pGT-3, 富山大学, 2011年9月21-24日).
  14. 手塚真樹, 川上則雄, 「空間的に乱れた1次元系におけるマヨラナ状態の安定性」, 日本物理学会 第67回年次大会(領域4, 27pCE-7, 関西学院大学, 2012年3月24-27日).
  15. 手塚真樹, 川上則雄, 「マヨラナ端状態をもつトポロジカル超流動相に対する空間変調の効果」, 日本物理学会 2012年秋季大会(領域1, 20aAL-5, 横浜国立大学, 2012年9月20-23日).
  16. 手塚真樹,Alejandro M. Lobos,Antonio M. García-García, 「Stabilization of superfluid long-range order in low-dimensional Fermi gases」, 日本物理学会 第68回年次大会(領域1, 29pEE-1, 広島大学, 2013年3月26-29日)
  17. 手塚真樹,Miguel A. Cazalilla,Antonio M. Garcia-Garcia, 「有効次元を急に変化させたボース粒子系のダイナミクス」, 日本物理学会 2013年秋季大会(領域1, 26pBA-6, 徳島大学, 2013年9月25-28日).
  18. Monodeep Chakraborty,手塚真樹,B. I. Min, 「ホルスタイン及びフレーリッヒ・ハバード模型におけるバイポーラロン間相互作用」, 日本物理学会 2013年秋季大会(領域11, 27aKH-2, 徳島大学, 2013年9月25-28日).

ポスター発表(国際学会および国外の学会)

  1. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, "A DMRG study of correlation functions in the Holstein-Hubbard model", The International Conference on Strongly Correlated Electron Systems SCES '04, Karlsruhe (Germany), 26-30 July 2004.
  2. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, "Correlation functions in the Holstein-Hubbard model calculated with an improved algorithm for DMRG", Recent Progress and Prospects in Density-Matrix Renormalization, Lorentz Center (Leiden University, The Netherlands), 2-13 August 2004.
  3. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, "When Electron-electron and Electron-phonon Interactions Coexist ― A Density-matrix Renormalization Group Study for Superconductivity", COE International Workshop `New Horizons in Condensed-Matter Physics', Tokyo, 29-30 November 2004.
  4. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, at poster session in International Summer School of Physics "Enrico Fermi" CLXI course "Polarons in Bulk Materials and Systems with Reduced dimensionality", Varenna (Italy), 21 June - 1 July 2005.
  5. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, "Density-Matrix Renormalization Group Study of Phase Diagram in Systems with Strong Electron-Electron and Electron-Phonon Interactions", LT24 (24th International Conference on Low Temperature Physics), Lake Buena Vista, Florida (United States), 10-17 August 2005.
  6. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, "Density-matrix renormalization group study of pairing in Holstein-Hubbard model: effect of electronic band structure", APS March Meeting 2006, Baltimore (USA), 14 March 2006.
  7. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, "Can the electron-electron and electron-phonon interactions work cooperatively for superconductivity?", "The International Symposium on Anomalous Quantum Materials 2006 and The 5-th Asia-Pacific Workshop", Ginowan, Okinawa, 24 June 2006.
  8. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, "Phase Diagram of the Hubbard-Holstein Model Obtained with an Improved DMRG Algorithm", STATPHYS23, Genova (Italy), 9-13 July 2007.
  9. Masaki Tezuka and Masahito Ueda, "Density-matrix renormalization group study of trapped unbalanced Fermi superfluid", Summer School on Novel Quantum Phases and Non-equilibrium Phenomena in Cold Atomic Gases, Trieste (Italy), 27 August - 7 September 2007.
  10. Masaki Tezuka and Masahito Ueda, "Imbalanced Fermi superfluidity: A density-matrix renormalization group study", International Symposium on Physics of New Quantum Phases in Superclean Materials, Gifu, 29 October - 1 November 2007.
  11. Masaki Tezuka and Masahito Ueda, "Imbalanced Fermi condensates: effect of trapping potential", Frontier of Degenerate Quantum Gases, Beijing (People's Republic of China), 20-24 October 2008.
  12. Masaki Tezuka and Masahito Ueda, "Imbalanced Fermi condensates: effect of trap shapes", Bose-Einstein Condensation 2009: Frontiers in Quantum Gases, Sant Feliu de Guixols (Spain), 6-10 Sep 2009.
  13. Masaki Tezuka, "Formation of condensates with finite-momentum pairs in population-imbalanced Fermi gases", FINESS 2009, Durham (United Kingdom), 14-17 Sep 2009.
  14. Masaki Tezuka, Youichi Yanase and Masahito Ueda, "Effect of confinement geometry on imbalanced Fermi condensates", PSM2010, Yokohama, 9-12 Mar 2010 (on 9 Mar).
  15. Masaki Tezuka, "Effect of disorder on 1D ultracold Fermi atomic gases", Quantum Matter in Low Dimensions: Opportunities and Challenges", Nordita, Stockholm (Sweden), 6-10 September 2010 (on 7 Sep).
  16. Masaki Tezuka, "Multiorbital Anderson model with a correlated conduction band: a dynamical mean-field approach with the strong-coupling continuous-time quantum Monte Carlo solver", (PSA93), ICHE2010, Tokyo Metropolitan University, Hachioji, Tokyo, 17-20 September 2010 (on 18 Sep).
  17. Masaki Tezuka, "Effect of disorder on 1D ultracold fermionic superfluids", RIKEN, Wako, Saitama, 27-30 September 2010 (on 28 Sep).
  18. Masaki Tezuka, Alejandro M. Lobos, and Antonio M. Garcia-Garcia, "Restoring long-range order in one dimensional superconductivity by power-law hopping", SCES2013, Univ. of Tokyo, Tokyo, 5-9 August 2013.

ポスター発表(国内の学会)

  1. Masaki Tezuka, Ryotaro Arita and Hideo Aoki, ``Correlated electron systems coupled to phonons --- A DMRG study for the Holstein-Hubbard model'', 物性理論の新潮流 若手研究会, 東京大学物性研究所, 2004年2月19-20日.
  2. 手塚真樹, 有田亮太郎, 青木秀夫,「Holstein-Hubbard 模型におけるバンド構造に依存した超伝導相関」, 「異方的超伝導現象の統一的理解を目指して」, 京都大学 基礎物理学研究所, 2005年12月6-8日.
  3. 手塚真樹, 有田亮太郎, 青木秀夫, 科研費特定領域「異常量子物質の創製 - 新しい物理を生む新物質 -」2005年度成果報告会, 東北大学 金属材料研究所, 2006年1月5-7日.
  4. 手塚真樹, Antonio M. Garcia-Garcia, 上田正仁, "Interplay of disorder and fermionic pairing in an optical lattice", (領域11, 28aPS-15) 日本物理学会 2009年秋季大会, 熊本, 2009年9月25-28日.
  5. 手塚真樹, 川上則雄, 日本物理学会 第66回年次大会, 新潟, 2011年3月 (開催中止).
  6. 手塚真樹, Antonio M. Garcia-Garcia, "Detection of 1D fermi superfluid in disordered potentials", (領域11, 22pPSA-70) 日本物理学会 2011年秋季大会, 富山, 2011年9月21-24日.

Session Chair

  1. 日本物理学会 第64回年次大会, 立教大学, 池袋, 東京, 2009年3月.
  2. Ultracold Fermi Gas: Superfluidity and Storng-Correlation (USS-2010), Session C (16:50-18:50), Ueno, Tokyo, 13 May 2010.
  3. 日本物理学会 2012回秋季大会, 横浜国立大学, 横浜, 2012年9月.